鬱で凡愚なド外道のリハビリraki6104’s blog

日々の雑談を、余裕のある時に、できるだけ(´・ω・`)

水の教え

それゆえに97

古今東西、歴史を俯瞰して鑑みれば、常に「富」と「知(知識・見識)」…或いは「情報」というものは収束と拡散を繰り返しつつ、常に、我々人類とその社会を進化…或いは変化させて来ました。「金は天下の回りもの」 我が国に古くからあるこの言葉のように、戦略的な(大…

それゆえに96

なるほど、「安全保障」といえば、確かにそれは一般的には「軍事面」として認識されており、私も自然にそれに慣らされてしまっていましたが、正確を期するなら、「安全保障」とは、様々な「○○安全保障」を内包する広義な言葉として使うべきですね。 逆に言うならば、…

それゆえに93

さて、皆様すでにご存知のとおり、先の選挙は自民党の圧勝と、それにいつものように上手く乗っかって勝利した公明党の勝利という、政権与党の勝利の結果に終わりました。一部議席を伸ばした党もあるものの、結局、全体で見れば野党の敗北である事は、これは…

それゆえに90

………暑い。しかも、凄い暑いorz。…ってか、昨今の自然は、どうしてこうも我々人類に手厳しいのか、と思うのですが、ま、回りまわって巡っている何かの輪なのでしょうけど、セミが鳴かないのが不思議なぐらいの暑さ(笑)。我々人類は、きっと、まだまだ学ばねば…

それゆえに88

ここ最近、気候の変動の影響もあるのか、今年はよく風邪をひいていたりします。いい加減、年も年なので、それ相応に用心してはいるのですけど、ふとした油断が即座にてき面に出る辺りが、ナンともカンともやな感じ(´・ω・`)。 ま、そのおかげで、人々と話すこ…

それゆえに86

どうにも、いまいち理解されていないのですが、私が見ている、そして人々に話す現実は、例えそこに一理があったとしても、また、幾人かの他者と言うフィルターを通してのものであったとしても、それは、しょせん一つの視点…例えば外道な「私」という立ち位置、…

それゆえに85

選挙が終わって、社会全体が次のステージ…段階に進んでも彼らは全然変わりないですね(溜め息)。彼らに対する人々の反応は、当初は罵倒と侮蔑に始まって、やがてそれは嘲笑と哀れみに変わり、最後には諦め…諦観にも似た無関心へと落ち着くわけで(す)が、彼ら…

それゆえに83

このご時世ですから、当然、人々に話をするときには「どこに、誰に投票するのか?」と必ず聞かれるのですが、今回、具体的に政党名や個人名を私が誰にも答え示す事はありません。 そのかわりに、政治の基本はいつの世であろうとも「経世済民(けいせいさいみん)」…

それゆえに82

寒暖が波打ちながら急激に変化する、何といいますか、今年は鬱持ちにとっては何かの試練の年のような気がしますorz。緩やかに、一定の割合で例年のごとく、とまでは言わないまでも、もう少し加減を考えろ、とか思わず自然相手に思ってしまう勢い(´・ω・`)。 …

それゆえに78

以前からの繰り返しですが、あちら側…私が狗と呼ぶ公務員側とこちら側ではそもそも違うルール…法則によって人々は判断し、行動しています。ま、両者におけるその中でも、その個人個人でまた現実に細かな、多様な違いはあるものの、ここではあえてわかり易く…

それゆえに75

タロサ…麻生太郎氏の率いる為公会の例会挨拶(要旨)を読みました。麻生太郎オフィシャルサイト なんでしょうね、この「あのなぁ…orz」な気分は(´・ω・`)。私だって他人の事を言えた口で(は)ないのでしょうけど、内輪の狭い世界で盛り上がるにも少々限度というも…

それゆえに47

先のエントリーで取り上げました、日本商工会議所の岡村会頭と仙石官房長官の意見交換に関する記事ですが、それがいつ為されたのかは存じ上げませんが、多分、昨日の内に掲載していた各新聞社のWebサイトから削除されたようです。友人からの指摘で気がつきま…

それゆえに24

大陸の選民信仰に根ざした文化が生み出した悪の闇、それらの暗部を凝縮した最悪のものが、私は、共産・社会主義でありその信者らである、と考えているわけですが、その大元にある「選民信仰」自体は別に大陸だけの話しではなく、我が日本国にも同じようにそれ…

それゆえに21

仲間内だけでなく、それ以外の人々と話していると、その多くの人が現在の我が日本国の現状に言い知れない疑問、不安を持ちながらも、その答えが得られぬ事にいら立ちを覚えている事を実感します。人々を飢えさせ、人々が溜め込まされたそのエネルギーのはけ…

それゆえに17

ゆく河の流れは絶えずして、しかも 元の水にあらず 鴨長明が残した有名な「方丈記」の序文の一節です。日本人であれば多くの人々が知っている、或いは、学んだろうこの一節を、私は昔、中国人の老師に教えられるまで、恥ずかしながら完全に失念していました。…

それゆえに13

前回にも書きましたとおり、私は、現時点でのその最悪のシナリオとしては、「アングロサクソンが黒幕のクーデター」が非常に有力であり、また、かの国々による武力によった狗らへの支援もない、と考えています。なぜなら、我が国は、アングロサクソンのその世…

それゆえに12

「春に三日の晴れなし」などといいますが、鬱の私にとっては迷惑この上ない時期でもありますorz。色々な感覚が戻りつつあるのは良いのですが、久し振りの花粉症の猛威が復活して辟易していますorz。ここ数年、ほとんどその影響を感じなかったので、すっかり直…

それゆえに10

前回のエントリーを読み返してみて、伝えたい気持ちばかりが先走り、論旨が散漫な上に過度の説明不足が重なって、その最後には半ば無理矢理締めくくってしまい、結局、読みにくい上に何も伝わらない文章となってしまいましたorz。老師の言葉を「ノーパン・し…

それゆえに9

このネットによる高度情報社会にその身をおき、様々な情報に日々触れながら思う事は、少なくとも、共産主義革命以前の中国には、当時、広く民衆に一般化はしていなかったものの、それでも、ある一定の豊かな文化を持つ余裕のあった階層には、充分、この高度…

それゆえに4

ご存知のように、私は鬱です。特定のシュチエーション…気圧が低いとか、雨の日とか…やロケーション…特に人の多い場所で特に密度が高いとダメ…に大きく影響されるのですが、それも結局、その日の根本的なコンディション…その体調によって大きく左右されます。…

それゆえに3

前回エントリーで、作業時間がちょうど四時間を切るぐらいorz。休み休み書いていますので、どうもその論旨が散漫になりがちですorz。しばらくはこんな調子が続くと思われますが、そこはそれ、皆様なにとぞよしなにm(__)m。 「かの国々との違いは何か?」 当時…

それゆえに2

前回エントリーを仕上げるのに、ブログにアップする手間の時間も含めて合計でおよそ四時間弱、都合二日かかりましたorz。ま、しばらくはこんな感じだと思うのですが、御訪問頂いている皆様におかれましては何とぞよしなにm(__)m。 前回、私は、 「我が日本国…

それゆえに

お久し振りですm(__)m。昨年の夏以来、諸々の事情からぷっつりとブログ更新を停止していたのですが、年が明けて、従来の鬱の薬…抗鬱薬に加えて漢方薬を新たに処方され、どうやら、それが効いてきたのか幾分症状が持ち直してきているようです。ま、であるから…