鬱で凡愚なド外道のリハビリraki6104’s blog

日々の雑談を、余裕のある時に、できるだけ(´・ω・`)

それゆえに404

『つまんない(´・ω・`)』

 朝から雨も気圧は高目で、朝、すんなり起きて予定を淡々とこなす。

 目まいはあるものの、ここ、しばらくに比較すればマシ。

 切り替えが上手く行かず、一々まごつくのもだいぶマシ。

 明日、また気候が変わるのが、ちょっと不安(´・ω・`)


 『ドロヘドロ』第2話「袋の中」「食事中はお静かに」「隣の町の魔法使い」視聴。

dorohedoro.net

 相変わらず、ごみクズのように、簡単に人が死んで行く…殺されて行くアニメ。

 主人公「カイマン」のバイト先の描写kらも、殺人そのものが、この社会が回る上での一つのサイクルの模様。

 魔法使い同士でも殺し合っている辺り、無政府状態の紛争地域以上に、日々、死体が量産される世界。

 今回、隣町まで出向いているので、かなり広範囲が弱肉強食の無法地帯、或いは、世界全体がそうなのか。

 誰も説明してくれないので謎ばかり(´・ω・`)

 それでも一応、気合の入った画面作りで、気付けば一話見終わってしまう。

 うーん、この調子で見続けられるか、はちょっと微妙(´・ω・`)

 一応、「カイマン」が変えられてしまった姿の原因らしき疑いの魔法使いが出ていますが、すでにまともに話せる状況になく、「カイマン」らには刺客が放たれ、次回は、ファン垂涎のゾンビ回「リビングデッドデイ」。

dorohedoro.net

 なんだ、そりゃ(´・ω・`)?

 グダグダいいつつ、最後まで見せられてしまう気がしないでもない(´・ω・`)


 『異種族レビュアーズ』第2話「フェアリーは受け挿れられるサイズに制限があり、悪魔族はあまり人気がなく、乳牛系のミノタウロスはでかくて揺れてすごい出る!」視聴。

isyuzoku.com

 さすがに、第2話にして画面が規制マークで塞がれる(笑)

 噴出シーンはアレ過ぎて、さすがのスタッフも尻ごむか(´・ω・`)

 相変わらずのネタ作品。

 今回、多少ブレーキが掛かった感がありますが、それでも、へらへら笑いながら最後まで見そう(笑)


 さて、代表質問。

www3.nhk.or.jp

 『国会代表質問始まる IR汚職事件や経済運営などで論戦』という記事ですが、合流協議が物別れに終わった、元民主党の両党は役割分担した形。

 これまでの追求路線を雄々しく繰り広げる枝野代表に対し、玉木代表はトーンを押さえて、幅広く網羅的に追及する形。

 玉木代表は「消費税増税」自体には切り込まずに、その軽減措置に関して質問する、いわゆる「くすぐり」程度にとどまりました。

 まあ、いきなり大上段に切りかかるとは思いませんでしたが、それでも、これはさすがに拍子抜け(´・ω・`)

 財務官僚様の横やりでも入ったか(ため息)

 逆に、二階幹事長のしたたかさの方が際立った形。

 日本経済について「消費税率アップの弊害や東京オリンピックパラリンピック後の景気後退を懸念する声もないとは言えない」と述べ、今後の対応を質問。

 その「悪影響」を「弊害」と言い換え、「東京オリンピックパラリンピック後の景気後退」をからめて和らげつつ、定番の答弁機会を安倍総理に与えつつ、自らの主張をしっかり述べる。

 で、その後のコメントで野党を煽るあたり、ほんと、小憎らしいほどの年季を感じさせる、どちらに転んでも良いそつのなさ(´・ω・`)

 まあ、簡単には転ばないのでしょうが、それでも、転んだ時の布石をしっかり打つ周到さは、さすがに自民党たたき上げ。

 結局、今日の代表質問でも、「消費税増税」の悪影響自体を切り込む質問はなかった模様(´・ω・`)

 維新の馬場幹事長も、時間の関係もあるのでしょうが言及すらなし(ため息)

 まあ、この財務官僚様による報道管制下、あえて火中の栗を、手間暇かけて数値上の裏付けの下、拾い上げて議論を主導する気概ある猛者はいないか(遠い目)

 潰されますもんね(´・ω・`)

 ではm(__)m

それゆえに403

『国会が始まったので、取り急ぎ(´・ω・`)』

 気圧高目も、ここ最近の疲れからか、朝、起きれない日が続く(ため息)

 日ごと目まぐるしく入れ替わる寒暖差にもウンザリ(´・ω・`)

 巡り悪い(´・ω・`)


 さて、安倍総理の施政方針演説。

www.kantei.go.jp

 首相官邸の『第二百一回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説』という記事。

 うーん、国外の経済的な負の要因よりも、相次ぐ広域災害などの国内における負の要因を無視し、法律で決まっていたとはいえ「消費税増税」の大失策を敢行した結果が、二十六兆円規模の経済対策が打ち出されてひますが、これに外的要因がさらに加わることを鑑みれば、とても足りないでしょうね(ため息)

 焼け石に水(´・ω・`)

 「悪夢の民主党」政権時代があまりに酷過ぎたからこそ、政権交代しただけで、これまで数値は、並の施策に戻すだけでも改善を続けては来れましたが、結局、今回の「消費税増税」で同じく「マイナス・スタート」に逆戻りになりましたので、財務官僚様の下僕として「緊縮財政」を堅持する限り経済成長は鈍化したまま、下手すればマイナスし基礎的財政収支も黒字化などしません。

 7年たっても、未だ「経済政策」…財政出動が必要とされ続けているわけで、結局、政府の施策が不十分な上に「消費税増税」の大失策を犯して、消費にペナルティを与えたために、最大の問題である「デフレ」を悪化させて「みんなで貧乏になる」ことに(ため息)

 最大公約数的願望として「経済復興」が一番望まれていたのですが、結局、財務官僚差の下僕としての任を全うし、再びの「デフレ」深化の流れ(´・ω・`)

 その意味では「うすっぺらい」の評も間違いではありません。

 すべての施策に必要な「原資」たる「税収」を削り、必然的に「投資」を削り、さらに消費税の半分は帳簿上の借金と消えて、人々の手に渡ることで生じる「乗数効果」も打ち消して、まさに「国富」を無駄に食い潰して行くだけで「生産性」の低さから借金ばかりがかさむ「デフレ・スパイラル」状態に(ため息)

 「投資」が、多くの人から人へ渡る…いわゆる「乗数効果」の発生するプロセス拡大がない限り、そもそも「消費税増税」には、「デフレ」化では害ばかりが多いことは多くの人々がずっと主張してきたのですが、視野の狭い財務官僚様の下僕の方々には未だ理解が及ばぬことのよう(´・ω・`)

 各党の反応を見ると

www3.nhk.or.jp

 『施政方針演説 各党の反応は』という記事ですが、「国民」と「れいわ」以外は、財務官僚様の御意向に忖度して「消費税増税」の深刻な悪影響には、従来マスコミ同様に触れない模様。

 「国民」に「れいわ」か(´・ω・`)

 「れいわ」はともかく、「国民」の方は「立民」との合併を有利に進める上でも、支持率の上でも優位を得るために、ある程度は「踏み込む」可能性があるのかも知れませんが、さて、どうでしょうかね?

 総選挙が遠のいた上でのこの判断は、いかにも「小沢氏」的ではありますが、さて(´・ω・`)

 まあ、これが呼び水となって、自民党側の支持者からの「お叱り」を受けた「どぶ板」勢への刺激となれば良いのですが(遠い目)

 それにしても「維新」は何をしているのやら(ため息)

 諸問題の焦点を突き、多くの「民意」を汲まねば、存在意義が薄まるばかりでしょうに(´・ω・`)

 『今こそ』と思うのですが(´・ω・`)

 ま、私ごとき鬱で凡愚なド外道を妄信する、は間違いですが(´・ω・`)

 ではm(__)m

それゆえに402

『それでも現状維持を望む、か(´・ω・`)』

 昨日は25年目の慰霊と鎮魂の日。

 明けて今日は昨日より気圧低く、一転、温度高目。

 朝、起き上がれずに押せ押せの日(´・ω・`)


 『ドロヘドロ』第1話「カイマン」視聴。

dorohedoro.net

 原作未読。

 一見して、大友克洋氏の影響を強く受けたパンクもの…マジカル・パンク(?)とでもいうべきか、気軽に、人々がバンバン死んで行くのが当たり前のディストピア風の世界観。

 魔法使いに姿を変えられた主人公が、内なるもう一人に、相手にかぶり付いて面通しし、犯人探し。

 なんだ、そりゃ(´・ω・`)?

 それなりに手が込んでおり、気合も入った感じで、何かやらかしてくれる気配は感じるものの、設定が奇抜で、第1話だけでは大筋を把握できるものの、さすがに視聴判定までには至らず、数話見ての判断で。

 しばらく様子見。


 『プランダラ』第2話「だいっきらい!」視聴。

plunderer-info.com

 あー(´・ω・`)

 やはり、ド外道キャラの扱いは便宜上のモノだったか(ため息)

 そのノリに乗れず、作画の乱れ、話の流れ、演出と不満点ばかりが目に付く(´・ω・`)

 個人的に抱いた疑問にも、その答えが用意されるほどに作り込まれてはいない気配が濃厚(´・ω・`)

 うん、私は視聴対象外のようなので、ここまでに。

 残念(´・ω・`)


 相変わらず余裕がないので、私的には綺麗すぎる『空挺ドラゴンズ』も、後は原作マンガで楽しむことにしてアニメ視聴は停止。


 さて、時事通信世論調査が昨日出ました。

www.jiji.com

 『内閣支持横ばい40%=「桜」説明、納得できぬ8割―時事世論調査』という記事ですが、安倍総理の「桜を見る会」の説明が納得できない割に支持は微減で横ばい。

 不支持が増えてはいるものの、誤差の範囲であることからも、極めて、その影響は記事にある通りに限定的。

 従来マスコミの、イデオロギー上に不都合な事実を「報道しない自由」で、その「非対称」極まりない報道姿勢が一定の効果をあげてはいるものの、反面、以前のようには、明らかに数字としては表れにくくなっている様子。

 まあ年末年始、彼ら…左派の異常性を示す象徴的事例が頻発し、ネットとリアル問わず、彼らの異常性を指し示す言動があふれたわけで、それを帰省した方々がタイムリーに話題として広め、さらに、ご両親らが周囲に広めたタイミングが、ちょうど調査時期に重なったのかも(´・ω・`)?

 続いて政党支持率

www.jiji.com

 『政党支持率自民党が前月比1.9ポイント増の24.9%』という記事ですが、狗HKの調査に比較して数値自体は小さいものの、全体として、無党派層自民党に流れる兆しのようなものが、同じく確認できる結果。

 うーん、これはやはり、伝統的にボトム・アップ…いわゆる「どぶ板」で、地方や現場の声を「ガス抜き」的にお叱りの声を聞いたり、また、「陳情要望」を捉えて上にあげる仕組みがある自民党の地道な動きが下地にあり、それがここに来て、相手を貶めるためだけの批判に終始するだけの左派にとって、負の方向に作用している気がします。

 現実に、財務官僚様の下僕状態ながらも、多くの人々にとって重大関心事たる「消費増税」の大失策を犯しながら、反面、先月に「消費減税」の声を上げたのは自民党ですし、「働き方改革」や「就職氷河期世代への手当施策」など、具体的に動きを見せています。

 一方で、左派は相手を貶め、同時に、国政を停滞させることが目的のパフォーマンスに終始するだけで、せいぜい、労働貴族たる「連合」のお偉いさんに票のためにお話をうかがう位で、実際、彼らを下支えしてきた現場の下々の声など聞くこともないのでしょう。

 今や状況は変わり、自民のみならず公明や維新などにも、本来、彼らの票田であった部分まで喰われ始めていると思うのですが、ま、彼らの狭い視野と選民的世界観にとっては、そんな些末なことはどうでも良いのkも知れません(´・ω・`)

 相手を貶める手法も、そもそも同格であり、かつて、従来マスコミの影響力が今よりはるかに強力であった時代の話で、日々その影響力を落とし続けているている現在は、我々には、単なる「平和と繁栄」への妨害と嫌がらせにしか見えません。

 柔軟に、根本的な部分で戦略を転換させつつある側と、従来の戦略に、その「無能低能」さから固執する側の戦い。

 左派に対案なし、ただただ批判あるのみ(´・ω・`)

 その評価は、我々…多くの日本人がするのですがねえ(ため息)

 ま、私ごとき鬱で凡愚なド外道を妄信する、は誤りですが(笑)

 ではm(__)m

それゆえに401

『多分、彼らは直前まで危機に気づかない(´・ω・`)』

 朝方寒かったものの、ときおり、雲の合い間から日差しがのぞき、風が弱いので昨日よりはマシな感じ。

 気圧も昨日より少し高く、朝から予定をこなす。

 所々でまごつく辺り、本調子にはいまだ至らず(´・ω・`)


 新番組『異種族レビュアーズ』第1話「エルフの熟女と人間の熟女についての議論が沸騰し、天使はニャンニャン天国で昇天し、有翼人は総排泄孔で感度も抜群!」長いわっ(´・ω・`)! 視聴。

isyuzoku.com

 原作未読。

 才能を無駄遣いするバカ作品(褒めてる)第1話(笑)

 OPからの飛ばし具合からして唖然(笑)

 「その発想はなかったわ(´・ω・`)」の内容を、キッチリ作り込んでいる上、さらにアニメ・スタッフが攻める攻める(笑)

 画面のそのインパクトの強さも相まって、久しぶりのレベルで笑わせられる始末(´・ω・`)

 もはや「飛び道具」級(´・ω・`)

 どうしようもない場合を除き、謎の光線が画面を潰さないのも個人的に好感(´・ω・`)

 その突き抜けた「思い切りの良さ」に敬意を表しつつ、視聴継続(笑)


 『理系が恋に落ちたので証明してみた。』第1話「理系が恋に落ちたので解析してみた。」視聴。

rikekoi.com

 原作未読。

 うーん、怪作『異種族レビュアーズ』後の視聴のため、余りにおとなしく感じて「笑い」は今一つ(´・ω・`)

 そもそも画面作りがおとなしいし、突込みも弱く、真剣におかしなことをする滑稽さが薄く感じて、「ふーん(´・ω・`)」で見終わる。

 それなりに作り込んではいそうなので、一応、様子見。

 視聴意欲は弱目(´・ω・`)


 『異世界かるてっと2』第1話「参戦!てんこうせい」視聴。

isekai-quartet.com

 人気作主要キャラが異世界(?)に集い、キャッキャッウフフするパロディ作品の第2期。

 『盾の勇者』参戦。

 前期のノリで今期も展開される模様。

 短い尺で負担も少なく、好きな作品キャラばかりなので、今期も気楽に視聴継続。

 楽しめると良いなあ。


 「あー、そりゃ喰い付くわなあ(´・ω・`)」と思った記事。

www3.nhk.or.jp

 『自民の河井夫妻は政倫審で説明を 野党が要求』という記事ですが、検察が動く前に記事のように主張していたならわかるのですけど、正直、「お前ら忘れていたよね(´・ω・`)?」としか(笑)

 検察が動いた以上は、「捜査中」で彼らが自らに不利な証言は拒むでしょうし、また、それを承知の上で、捜査対象外である菅原前経済産業大臣を絡めて無理難題を要求し、断らせることで印象操作して「モリカケ・メソッド」で、従来マスコミと共に国会を空転させる腹づもりなのでしょう(ため息)

 「IRカジノ汚職」は過去がほじくり返されるし、小沢流汚職の「秘書のせい」の政治資金規正法の抜け穴は、金に困っている立民としても塞いでしまう事態は何としても避けたいでしょうし(´・ω・`)

 実際、外国籍…在日などからの迂回献金日本国籍を習得した人物や日本企業などを介在させての献金を、与党議員への失脚狙いで行っていない様子からも、多分、カジノ案件以上に叩けばいくらでもホコリが出るのではないですかね(笑)

 考えてみれば、「指摘を受けて返金しました」で済むから、あまり効果が期待できないか(´・ω・`)

 穴が塞がれることを考えれば、トータルでうま味がないですね(笑)

 しかし、そもそも彼らは、昨日の狗HK世論調査の結果に危機感を覚えないのですかね?

 左派政党への支持は底を突き、無党派層の支持が自民党へと向かう兆しが、これほどの「ネガ・キャン」下で狗HKの調査母体で現れたことは、けして無視して良い結果ではないのですが(´・ω・`)

 ま、そこまで視野は広くないか(ため息)

 このざまですものねえ(遠い目)

 勿論、私ごとき鬱で凡愚なド外道を妄信する、は誤りですが(笑)

 ではm(__)m

それゆえに400

ブルジョア逃亡犯を褒めちゃダメだろ(´・ω・`)』

 気圧高めも、温度が上がらずに寒い(´・ω・`)

 チープなくせに、保温性能の高い安物ジャンパー大活躍(笑)

 昨日頑張り過ぎたか、今日は…も、低調(´・ω・`)


 さて、狗HKの世論調査が出ました。

www3.nhk.or.jp

 『NHK世論調査 内閣支持44% 不支持38%』という記事。

 狗HKの調査母体の割に、中東情勢及び中東派遣に対する関心の高さと、派遣への賛成の多さは個人的にちょと意外(笑)

 ネットの横のつながりによる知見の底上げで、今までのような、従来マスコミらによる誘導が、その底の浅い情報の質と相まって、以前ほどは影響されない人々が増えた模様。

 ま、トランプ大統領による戦争回避が、思いの外効いているのかも(笑)

 あれで、危機を高めているの…瀬戸際外交が誰によってかが、がらりと印象を変えました。

 これまでの従来マスコミの報道は「なんだったの?」みたいな(´・ω・`)

 それが数字によって表れたのかも知れません。


 で、政党支持率

www3.nhk.or.jp

 『NHK世論調査 政党支持率』という記事。

 うーん、自民党支持の跳ね上がり…無党派層の減少が目に見えて顕著。

 年末年始の様々な出来事において、左派の日本人的感覚から明らかに逸脱した、いわゆる「ダブ・スタ」と呼ばれる言動が、ネット・リアルを問わずあふれ返りました。

 その結果として、左派政党への支持が底打ち状態。

 いわゆる「性暴力」に対してあれだけ騒ぎながら、同じ左派の身内に対しては「ダンマリ」を決め込む。

 「消費増税」の大失敗でも「ダンマリ」。

 「IRカジノ汚職」においても、「桜を見る会」においても、過去の所行…推進していたことや、

小沢一郎氏の政治資金管理団体陸山会」による政治資金での土地転がし

西松建設からのODA裏金からのキック・バック収賄

などのガバガバな政治資金規正法に踏み込まないのが見え見えの、国会を空転させることだけが目的な追求姿勢。

 列挙すれば切りがありませんが、一番は、金に飽かせて裁判から逃亡した、単なる逃亡犯に過ぎないゴーン氏への礼賛ともとれる、法治を無視した人治的な支持者らによる擁護が決定的なのかも。

 あれで再び、かの国々と同様に彼らが支配と弾圧、多くの人々の自由すらも搾取したいだけの、危険で、根拠のない選民思想があらわとなりました。

 視野が狭く、狭い世界での内輪の論理に溺れる彼らには、それが、搾取される側の多くの人々…日本人にとってどう映るかはどうでも良かったのでしょう(笑)

 同じ腐っているのなら、自民党の方がマシ(´・ω・`)

 でも、「消費増税」の大失策が許せない。

 そんなところかなあ(´・ω・`)

 勿論、私ごとき鬱で凡愚なド外道を妄信する、は誤りですが(笑)

 取り急ぎ(´・ω・`)

 ではm(__)m

それゆえに399

『背水の陣(項羽)(´・ω・`)』

 昨日よりは気圧高目で、朝から淡々と予定をこなす。

 夜から雨らしく、今のうちに更新(´・ω・`)


 新番組『ハイキュー!!』第1話「自己紹介」視聴。

haikyu.jp

 原作未読。

 前3期の「白鳥沢学園」との試合編終盤を偶然目にし、その盛り上がりに心奪われて、ジャンプ作品というだけで忌避していたことを後悔(笑)

 今期は第1話から(´・ω・`)

 手堅く前振りされた、私ごときにはケチのつけようのない話。

 面白くなると良いなあ(遠い目)

 視聴継続。


 『ランウェイで笑って』第1話「これは君の物語」視聴。

runway-anime.com

 原作未読。

 低身長というモデルにとって重大な欠点を抱えながら、それでも「パリ・コレ」の夢を捨てないモデルの「千雪」と、デザイナーとして素質がありながらも、経済的理由…恵まれた素質を持つ妹たちのために夢をあきらめようとしていた「育人」が互いを知り合い、その結果、二人が成功への道の端緒を掴んだ第1話。

 ファッションには疎いので、見せ場がそれほどには感じれなかったのが残念(笑)

 ただ、話としてはよくできていましたし、また、いわゆる「サクセス・ストーリー」…成り上がりものは大好きなので視聴継続。

 面白くなると良いなあ。


 『虚構推理』第1話「一眼一足」視聴。

kyokousuiri.jp

 原作未読。

 ゆるいと見せかけて、淡々と語るのでうっかりすると流しそうになりますが、けっこうシビアでハードそうな印象。

 いわゆる「審神者(さにわ)」など、伝奇ものとしての要(かなめ)は押さえながらも、恋愛とミステリーで展開して行くのかな(´・ω・`)?

 第1話の出来と、先行きが気になる…何を「喰らったのか」が気になるので、しばらく様子見(笑)

 面白くなると良いなあ(´・ω・`)


 『ケンガンアシュラ』第1話「拳願」視聴。

kengan.net

 原作未読。

 あー、何かやらかしそうな、気合の入れようは伝わっては来ましたが、この手の超人格闘ものは、年を経るごとに少々食傷気味(´・ω・`)

 余裕があれば見たかもしれませんが、すでに余裕はありませんのでここまでに。


 さて、相変わらずの斜め上、反日にすがるしかない大統領(´・ω・`)

www3.nhk.or.jp

 『「徴用」めぐる問題「日本も解決策を」 韓国大統領』という記事ですが、歴代大統領の安易な反日のツケが回っていたところに、自ら「とどめ」とばかりに、国際法違反行為で我が日本国全土を「嫌韓」にして、自ら退路を断ちつつあることに未だ気付かぬ様子には、もはや感心するしかありません(´・ω・`)

 鳩山元総理と菅元総理を足して二で割った、そう称されるだけあって、自らの立ち位置を俯瞰したり客観視することなく、ただ、その狭い視野に映る目先の損得だけで右往左往する姿は、我が日本国における左派…自称「リベラル」らと同じく(ため息)

 まあ、かの国では長年の愚民政策の成果で、比較的視野の狭い方々が多数を形成しているらしく、かの大統領が司法や検察を執拗に掌握し続けようとすることにも、あまり深刻には考えていない模様。

 我が国における左派と同様に、恣意的にそれらを乱用できる立場を無条件に得られる、そんな視野の狭い、明確な根拠のない思い上がりがあるのでしょう。

 個人的に、中国に飲み込まれるのに二十年から三十年と見ていましたが、このペースなら、長くて二十年ぐらいなのかも(´・ω・`)

 経済失策を改められなかったことが、かの大統領の人生の失敗の分岐点でしょうね(笑)

 経済さえうまく行けば、トランプ大統領安倍総理のように多少の無理も効きますが、安倍総理は「消費増税」で大失敗しましたから、そのことからも今、下手な譲歩は「憲法改正」上からも一切できない状況にあります。

 もちろん、それを承知の上で二階幹事長などは、その「憲法改正」阻止を目指して動いていますが、その私利私略上から、結局「安倍総理」という看板にすがらざるを得ないのは色々皮肉。

 左派野党がダメダメ…つまりはその支持者が、政治家にとっての支持者としてダメダメすぎるので、自民党左派としては取り込むに教条的すぎますし、また、ネット中心とした国民全体の底上げがあって支持が広がりにくい。

 それでも、現在まで経緯から、そう動かざるを得ない辺りは、今が、彼らの最後の輝きの時期なのかも(遠い目)

 まあ、私ごとき鬱で凡愚なド外道を妄信する、は誤りですが(笑)

 そういえば今日は狗HK、週末は時事通信世論調査が出ますね。

 その変化やいかに(´・ω・`)

 ではm(__)m

それゆえに398

トランプ大統領で良かったなあ(´・ω・`)』

 相変わらずの日ごと気候変化について行けず、気圧も低めで低調続く。

 諸々あきらめて、今日は一日ゆっくりするなど(´・ω・`)


 新番組『プランダラ』第1話「伝説の撃墜王」視聴。

plunderer-info.com

 原作マンガ未読。

 ゆるい物語に見せかけて、シビアな設定に、腐敗の酷さをうかがわせるゲスイ、いわゆる「ド外道」なキャラによるヒロイン蹂躙。

 天然系ヒロインがこれまで無事であった謎も含め、私的には疑問点だらけ(´・ω・`)

 続巻していることからも、一応、今後、数々の謎に答えが提示されるのでしょうが、とりあえずは、ゲスイド外道キャラの落とし前をどう付けるかが、私的には視聴継続のカギ。

 次回様子見しますが、それいかんによってはあっさり切りそう(´・ω・`)


 『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います』第1話「防御特化と初戦闘」視聴。

bofuri.jp

 原作未読。

 一見して、周囲のハード・ゲーマーらをよそに、ビギナーならではの「その発想はなかったわ」的なゲーム・バランスの隙を突き、バランス・ブレイカーとして無双して行く話(´・ω・`)?

 『プランダラ』の後に見たので、その、ほのぼのとした進行に癒される(笑)

 気楽に楽しめそうなので視聴継続(笑)


 『インフィニット・デンドログラム』第1話「可能性の始まり」視聴。

dendro-anime.jp

 原作未読。

 最後のオチまで、手堅くまとめられたお手本のような第1話。

 よくある話ではあるものの、それだけに十分な手をかけられていて、切る要素が私的には見当たらず。

 面白くなると良いなあ(´・ω・`)

 視聴継続。


 『空挺ドラゴンズ』第1話「クィン・ザザ号」視聴。

drifting-dragons.jp

 原作は「マガポケ」で既読。

pocket.shonenmagazine.com

 一見して、美しい画面作りとか第1話としては申し分ない作り。

 ただ、私的にはブラッシュアップ…綺麗すぎて逆に何か物足りない(´・ω・`)

 アニメが初見の方々には十分に申し分ない作りですし、また、実際に評価されうるレベルにあるとは思いますけど、私的には、視聴意欲はかなり弱目。

 余裕があれば…今期すでに一杯いっぱい(´・ω・`)


 『うちタマ?!』第1話「うちのタマ知りませんか?」「犬会議」「俺たちのワイハ」視聴。

uchitama.com

 うん、視聴対象外(´・ω・`)

 ここまでに。


 『自縛少年 花子くん』第1話「トイレの花子さん」視聴。

www.tbs.co.jp

 原作未読。

 女性向けのようですが、今風で、ときおり生々しいネタをぶっ込んでくるラブコメ(笑)

 普通に見れる(´・ω・`)

 負担にならない限り視聴継続。


 『とある科学の超電磁砲T』第1話「超能力者レベル5」視聴。

toaru-project.com

 原作マンガ既読。

toaru-project.com

 個人的に待望していた、期待の第3期。

 『禁書目録』本編よりも、こちらの方が好き(笑)

 手堅く、期待を裏切らない第1話。

 当然、視聴継続。


 さて、イランによる地対空ミサイルの誤射により、多くの人々が犠牲となりました。

 謹んで、その御霊の御冥福をお祈りいたしますm(__)m

www3.nhk.or.jp

 『イラン大統領「悲劇的なミス 深く遺憾」関係者の責任追及へ』という記事ですが、撃墜の瞬間の動画を始めとして、多くの動かぬ証拠があったため認めざるを得なかったのでしょうが、それにしても、練度や交戦規定に運用ドクトリン、防空管制や命令系統に至るまで、よくもまあ、この程度でアメリカに対してあそこまでの「瀬踏み」を敢行したな、と思うばかり(ため息)

 北韓将軍様にしてもそうなのですけど、相変わらず、国内の腐敗による社会整備不足が深刻で、その統治上、設定上の外敵たるアメリカ様に甘える以外にないとはいえ、考えなしにもほどがある気がします(´・ω・`)

www3.nhk.or.jp

 『イランから日本に連絡「事態エスカレートさせるつもりない」』という記事にもあるように、ここまで慌てふためく前に国内統治に心血を注いでいれば良いものを、結局、区々たる目の前の物事にとらわれて戦略を見直そうともせずに、保身のためだけに汲々とし、強者に甘えて利己的利益ばかり追求する。

 我が日本国だって他者のこと言えた義理ではありませんが、反社会勢力のメンタリティというものは、世界のどんな国であっても大差なく「甘え」にしか過ぎず、共存共栄という理念に対する異分子にしか過ぎない事を痛感します(´・ω・`)

 結局、彼らが行動を改めるのは「恐怖」しかないのでしょう(遠い目)

 それすらも、甘えた彼らの思考には、その直前になるまで届かない(ため息)

 ま、私ごとき鬱で凡愚なド外道を妄信する、は誤りですが(´・ω・`)

 ではm(__)m

それゆえに397

『印象がガラリと変わる瞬間(´・ω・`)』

 気圧は昨日よりもマシも、気候の変動についていけず、相変わらずの低調(ため息)

 昨年末から、ずっと、いっぱいいっぱい続く(´・ω・`)

 巡り悪いのが続くなあ(遠い目)


 コミック『3月のライオン』第15巻。

https://3lion.younganimal.com/

 ぶっちゃけ、年末からの「積読」を解消できない原因の一つ(笑)

 前巻末から続く、「ヒナちゃん」と「桐山君」の関係を軸としてつづられる、何度も読み返させらている一冊(´・ω・`)

 なんちうか、心に染みこんでくる一冊。

 超おススメm(__)m


 で、トランプ大統領の声明が出ました。

www3.nhk.or.jp

 『トランプ大統領 演説要旨「軍事力行使したくない」』という記事ですが、軍事報復は選択せずに、新たな経済制裁によって一応「殴り返す」形をとっています。

 ちまた言われている姿に比較して、随分と理性的(´・ω・`)

www3.nhk.or.jp

 『米大統領 反撃に言及せず イランとの衝突 回避の見方広がる』という記事にもあるように

『「イランが武装組織に攻撃しないよう呼びかけ」

 アメリカのペンス副大統領は8日、出演したテレビ番組のインタビューで、「イラン政府が、つながりの深い武装組織に対して、アメリカの市民や標的への攻撃をしないよう呼びかけているという心強い情報を得ており、その呼びかけが続くことを願っている」と述べ、イランが武装組織に攻撃を控えるよう働きかけているという見方を示しました。』

とこのように、スレイマニ司令官爆殺と違って、いずれにしても損害たる死者が明確に予想されず、短期といえ、明確に死者が予想される戦争状態を回避したい、そんな大統領の意向が表れた形。

 これまでの経緯からも、軍部としてはわかりやすい形…軍事報復を望んでいたふしが感じられるものの、結果として、軍事衝突を嫌い交渉を望んでいる大統領が、国内政治上の有利優位を捨てて抑え込んだように見えます。

 うーん、私的には不満はあれど、結局、大統領自身の選択ですからこればっかりは(´・ω・`)

 沸き上がるだろう国内の不満も、このよう形で判断を下した大統領は織り込み済みでしょうし、その上でのこの判断であるだけに(遠い目)

 まあ、先行きに不安はあるものの、それは今後、大統領自身が担わざるを得ないものですし、結果、当座の深刻な緊張は大統領の判断で和らいだわけで、戦争というものが、しばしば人の手を離れて暴走し深刻化するリスクがある以上、軍部が、明確で確実なロード・マップを大統領に示すことができなかったのでしょう。

 中東から手を退きたい大統領が、そのリスクを過小評価するとも思えませんしね。

 しかしながら、あらためて思うのが「従来マスコミ」の害悪(ため息)

 イデオロギーにまみれた報道で、どうしても、その影響から逃れられないのを実感(´・ω・`)

 安倍総理トランプ大統領の登場も、結局、彼らが民主主義とそれを担保する法治を歪め続けて来た、単に、その結果のように改めて思う次第(´・ω・`)

 まあ、私ごとき鬱で凡愚なド外道を妄信する、は間違いですが(笑)

 ではm(__)m

それゆえに396

『試されてるなあ(´・ω・`)』

 気圧は低めも普通に起きて、朝から淡々と予定をこなす。

 ときおり目まいはあるものの、気圧の低下差を考えれば割と踏ん張っている方(´・ω・`)

 ただ、こう日ごと気候が入れ替わるのはどうにかならぬものか(ため息)


 新番組『ダーウィンズゲーム』第1話「初陣(ファーストゲーム)」視聴。

darwins-game.com

 原作マンガ未読。

 一見して割とよくある話も、ストーリー的には結構練られていて好み。

 ただ、作画は悪くはないものの、ちょっと最近のレベルではない(´・ω・`)

 そこは、自信のあるストーリーで引っ張るつもりなのか。

 殺し合いの中で異端の価値観を持ち、非凡ではない主人公の生き様を魅せるのは容易じゃない気がしますが、ま、そこはお手並み拝見(笑)

 視聴継続。


 『映像研には手を出すな』第1話「最強の世界」視聴。

eizouken-anime.com

 原作マンガ未読。

 アニメ制作を夢見ながら、今一歩踏み出せていなかった主人公が同志を得て、同級生の金にうるさいタイプのサポートを受けて走り出すのだろう様子を、手堅く予想させる第1話。

 話的には好みも、作画は少々独特。

 ちょっと古いタイプのオタク風主人公「浅草みどり」と、同級生「金森さやか(金にうるさい)」の掛け合いに笑ってしまう。

 先行きに興味はあるので、視聴継続。

 面白くなると良いなあ(遠い目)


 『マギアレコード』第1話「やぁやぁ、知ってる?魔法少女のその噂」視聴。

anime.magireco.com

 スマホゲーム原作、未プレイ。

 一見して、正しく『魔法少女まどか☆マギカ外伝』。

 主人公らのレベルが目に見えて低いのは、きっとゲーム上のストーリー展開の上で、この後、主人公らの成長に合わせて、ということなのでしょう。

 裏切りの予兆はすでに見えていますけど、前作の衝撃を超えるような何かはあるのかな(´・ω・`)?

 期待しつつ視聴継続。


 『群れなせ!シートン学園』第1話「おおかみ親分ランカ」視聴。

anime-seton.jp

 原作未読。

 うーん、私的には、可もなく不可もない動物(?)コメディ・アニメ。

 ボッチ狼「ランカ」が待望の群れを手にする第1話。

 余裕があれば、といったところ(´・ω・`)


 さて、イランが報復に出ました。

www3.nhk.or.jp

 『イラン 米軍に弾道ミサイル 革命防衛隊 “司令官殺害の報復”』ちう記事ですが、取りあえずの確定事項は

事前探知によって避難したので、アメリカ軍にこの攻撃での死傷者はなし

計15発のミサイルが発射され、内4発は基地まで届かず

イランとしては声明からもこれで手打ちとしたい

トランプ大統領は、日本時間の今夜声明を出す

といったところ。

 うーん、ぶっちゃけトランプ大統領としては、国内政治的にも、限定的な短期で終わる戦争は望むところでしょう。

 国際政治的にも「殴られたら殴り返す」を実行しないと、次のさらなる攻撃が抑止できません。

 ましてや中東ですから、グレー…ほかの反米組織を支援、そそのかしての執拗な攻撃を抑止する上でも、イラン側の勝手な言い分に従わず中途半端には終わらせない方が良いとは思います。

 ただ、こればっかりはトランプ大統領次第(´・ω・`)

 今回の攻撃自体が、やはり、いわゆる「瀬踏み」…トランプ大統領をうかがうための行動ですから、ここで毅然と行動できるかにトランプ大統領の浮沈がかかっているように思います。

 北韓将軍様はじめ、その他の国々や面々も注視していますし(´・ω・`)

 ま、私ごとき鬱で凡愚なド外道を妄信する、は誤りですが。

 ではm(__)m

それゆえに395

『巡り悪い(´・ω・`)』

 新年あけましておめでとうございますm(__)m

 世間は昨年末から落ち着かない感じですが、気候もまた落ち着かない感じで、鬱持ち的には、ちっとも気の休まらない年末年始にorz

 結局、昨年からの「積読」も解消し切れず(´・ω・`)


 新番組『イド:インヴェイデッド』第一話「JIGSAWEDバラバラの世界」第二話「JIGSAWED Ⅱ」視聴。

id-invaded-anime.com

 PVを見る限りでは、個人的に期待薄の先入観があり、割と切る気満々で視聴したのですが、よくできた第一話にあえなく引き込まれて続けて第二話も視聴(笑)

 夢枕獏氏の『サイコダイバー・シリーズ』を彷彿とさせる内容ではありますが、色々と手を加えて割と今風にアレンジした感じ。

 個人的に、体制側であった『サイコパス』の第一期と上手く混ぜ合わせたように思える(´・ω・`)

 ま、『サイコパス』の第一話二話のように、話としてよく仕上がっているせいかもしれませんが(笑)

 いずれにせよ、私ごときにはケチの付けようもない仕上がりで、当然、視聴継続。


 『リゼロ新編集版』第一話「始まりの終わりと終わりの始まり」視聴。

re-zero-anime.jp

 4月から始まる第二期の前に、第一期を新編集して振り返らせてくれる念の入れように、自然と二期に期待が高まる(笑)

 ボケた頭には、どこがどう違うのか、時間が経ちすぎてわかりませんでしたが(´・ω・`)

 現在でも、充分に通用する内容が普通にうれしい、スタッフらの原作愛に溢れる作品。

 視聴継続。


 『恋する小惑星』第一話「二人の約束」視聴。

koiastv.com

 一見して、ゆるい話を確かなアニメ技術で魅せた第一話。

 私ごときにはケチのつけようのない作品(´・ω・`)

 無理ない範囲で、気楽に視聴継続。


 さて、国内も騒がしいですが世界もたいがい(´・ω・`)

www3.nhk.or.jp

 『トランプ大統領「報復すれば大規模な報復」イランを強くけん制』という記事ですが、昨年からイラン主導による、いわゆる「瀬踏み」というべき行為が繰り返されていて、それが目に見えてエスカレートしていました。

 戦争を忌避してきたトランプ大統領としても、これ以上は認められず、いずれにしても損害…死者が出ることが予想される以上は方針転換せざるを得なかったのでしょう。

 結果として、これに限った話ではありませんが、いわゆる「反社会勢力」らとの色分けが付いて良かったように思います。

 私としては、現在のイラン首脳部の調子に乗り具合が心配(´・ω・`)

 トランプ大統領をはじめとして、アメリカ全体の「怒り」を非常に軽く見積もっている気配が濃厚。

 イランにとっての英雄であっても、その他の大勢にとっては単なる「殺戮者」に過ぎず、一部特定のいつものメンツが擁護しているにしか過ぎません。

 反米の盟主として成り上がるつもりでしょうが、中国様よりも、明らかに慎重さに欠けているのが何とも(ため息)

 退くに退けない「踏み絵」を、今、まさに踏まされている構図に見えて仕方がないです(´・ω・`)

 ま、私ごとき鬱で凡愚なド外道を妄信する、は誤りですが。

 ではm(__)m